APSDaemon.exeのシステムエラーが発生した場合の対処法

ある日突然、パソコンを立ち上げた際にエラーがメッセージが発生した
機種は Windows7 Professional 64bit

『ASPDaemon.exe – システムエラー』
コンピューターにMSVCP100.dllがないため、プログラムを開始できません。
この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください
ASPDaemon.exe - システムエラー


【MSVCP100.dll】とは『Microsoft Visual C++2010』で作成されたアプリケーションが起動するさいに必要となるDLLで、このDLLが見つからないので起動できないという警告がでている。
そこで『Microsoft Visual C++2010』の再インストールを実施します。
既に『Microsoft Visual C++2010』がインストールされていたらコントロールパネルよりアンインストールを行ってから実施します

ダウンロード先は
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)

ダウンロードボタンを押すと、他のもどう?って聞かれます。
64bit Windowsを使用している場合は64bit版も選びます

ダウンロードファイルの選択

ダウンロードした
・vcredist_x86.exe
・vcredist_x64.exe
をそれぞれ実行します

この時にこんなメッセージが出たら、既にインストールされている『Microsoft Visual C++2010』がアンインストールできていませんし、バージョンが新しいものが入っているので上書きすらしてくれません。

インストールエラー

って、何かのソフトウェアをインストールしたか、WindowsUpdateでリビジョンが新しくなっているんだろうけど、本家のMicrosoftダウンロードセンターで落としたファイルのバージョンの方が古いっていうのはどうなんだろうと思います。
腑に落ちないですが、必要なアプリケーションが【MSVCP100.dll】がなくて起動できない方がつらいのでアンインストールしましょう。

これでエラーメッセージはでなくなりました。


他にも【MSVCP110.dll】だった場合は『Microsoft Visual C++2012』の影響ですので

Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30679

から同じことを実施します


今回の『ASPDaemon.exe – システムエラー』のエラーメッセージに関連して出ていたメッセージは

『CEPServiceManager.exe – アプリケーションエラー』
アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc000007b)。
[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じてください。
CEPServiceManager.exe - アプリケーションエラー

『iTunesHelper』
iTunesHelper was not installed correctly. Please reinstall iTunes.
Error 7
iTunesHelper


iTunesHelperが壊れたかと思ってiTunesをアンインストールしたけど、iTunesHelperが『Microsoft Visual C++2010』で作られてたのでエラーがでていました。
iTunesHelperはスタートアップから起動されているので起動時にエラーを吐いたようです

PhotoShopなどのAdobe製品でも同じような動きになっていたので『Microsoft Visual C++2010』で作られているアプリケーションは色々ありそうです