別で作った動的(DB参照)サイトをWordPressに作り直す – その1

他のデータベースからWordPressへ移行

既にデータベースから参照するサイトを作成しているがWordPressへ移行したくなった場合に1つ1つの記事を手作業でWPに追加していくのは面倒です。
そこで、WPの基本テーブルに対して記事データを投げ込むことでWP化の手間を低減させます。
※元の記事数が少ない場合は余計に手間ひまがかかる可能性があるよ


下記のようなデータがあった場合

id title contets catename tagname inserttime
1 1つめの記事名 1つ目の記事内容 カテゴリー1 タグ1 2014-03-01 12:01:08
2 2つめの記事名 2つ目の記事内容 カテゴリー2 タグ2 2014-03-02 19:21:32

<前準備>

WordPressへ追加(インサート)したいデータにWP用のID番号を割り振っておきます。
※このID番号があとあとのキーになります。

WordPress用データベースの『wp_posts』テーブルに元記事を追加します

<基本となる記事体の移行>

これで記事データのみを移行することは完了です
これだけでもWordPressのサイトを表示すればタイトルと記事内容が表示されます


次はカテゴリー名とタグ名を追加する作業です