我が家にTime Capsuleがやってきた経緯

我が家にTime Capsuleがやってきました。

設定の話に入る前に、経緯から辿ります

我が家の構成は

・メイン機 … Windows7 64bit
・サーバ … WindowsXP 32bit
・iPhone4S(2台)
・iPad(初代)
・iPad(第3世代)
・AppleTV(第2世代)
・Kindle Fire HD
・WEBカメラ(FS-IPC100)

なので、Time Capsuleが必要かというとそんなわけではない。
ルーターの調子が悪くなってきて急にネットワークが繋がらなくなる状況が増えてきたもののルーターが欲しいならバッファローでもコレガでもいいっちゃよかった。


きっかけは先週末。

「そのごちゃごちゃした線とか機械とか減らんと?」と嫁さんに突然詰め寄られた。

昨年末にメイン機の中身を
・Intel CPU Core i7 3770S
・GIGABYTE intel Z77
・インテル Boxed SSD 335 Series 240GB
に換装したばかりなので手放すのは惜しい。

サーバ機はWEBサーバをさくらVPSに移行したのでファイルサーバーとしてしか機能しておらず、しかも前回HDD不具合でデータ吹っ飛んだこともあって信用していない状態で使っていただけだし、OSがXPなのでそろそろ切り頃でもあった。

それじゃあサーバ機を廃止しようかというとそうはいかない。
理由は『停止すると、電気代が幾らかかっていたかバレる』
バレてしまうと、後々また立ち上げ直したくなっても反対されるのは火を見るより明らかだからだ。

ただし、言い出したらなかなか引かない性格の嫁さんに火がついてしまったことも明らかなので諦めさせる方向性を探ってみた。
「それじゃ、メイン機をノートPCに替えればモニターも小さくなるし筐体もなくなるよ。その代り同じ性能のノートPCを買うなら30万ぐらいかかると思うよ」
デジタル機器には全く興味を示さない嫁の性格を考えて費用対効果を見いだせない話を振ってみた。
これで乗り切れると確信があった。

しかしだ

「いいよ」だって?

予期せぬ反応に戸惑い、ノートPCでもいいと言ってしまった自分の言葉に引けなくなり「そんじゃ探してみる」と震える指先を駆使してネットでメーカー製のノートPCを見たりTWOTOPやマウスコンピューターのノートPCをカスタマイズしまくったりしたもの、メイン機を捨てるという事態を乗り越えられるぐらい胸にぐっとくる仕様が見つからない。
何よりもノートPCが案外安いものであったのも驚愕だった。
バカみたいに機能を追加すればいいけども、それが欲しかったのかというと違うので何よりも自身が納得できない。

iPhone、iPadを手にしてからというもの、iOSアプリを作ってみたいという興味も惹かれていた。
それならMacにするのはどうだろう。Windowsも載せれるって見たことあるし、Windowsが載るんだったら家で仕事をしようと思っても支障はでない。
そんな訳でアップルのサイトを覗いてみる。

iMac・Mac mini … デスクトップが置けなくなったからダメ
MacBook Air … 画面サイズが小さい

と消去法で見ているとMacBook Proに目が留まる。
「Retinaディスプレイいいなぁ。動画編集にも問題なさそうだしな」

ここまでくると気持ちがMacに傾いてしまっている。
デメリットよりもメリットの方が見えてしまっている。

色々と情報を探してみると、ブートキャンプじゃなくで、VMware Fusionを使えばバーチャルPCのように母艦OS上でゲストOSを稼働できるので切りかも楽
そもそも、現在のMacOSがUNIXベースのまま発展しているとは予想外で面白味がました上に、ファイルのバックアップ処理なんかもコマンドで作れるので「ソフトがない…」なんて事もあんまし気にしなくてよさそうだった
8割方気持ちがMacに傾いたところで全体の要件を取りまとめる

目的 … 嫁さん対策

目標 … Windowsが使える環境がありつつ、気持ちが昂ぶる構成

Windowsを使ってる理由
・仕事でも使う
・CPUとか自分の好みに変えたい
・ソフトウェアが充実
・情報が充実
・壊れても自分で直せる
・ずっと使ってるから

MacOSになるとどうなる?
・仕事でも使う → VMware Fusion5で対応
・CPUとか自分の好みに変えたい → 諦め。但し、嫁が言い出した事案なのでRetinaディスプレイにした
・ソフトウェアが充実 → 今は様々なアプリケーションがMacOSにも対応してきている。
・情報が充実 → 一般の会話ではまだ少ないが、インターネット上に増えてきた
・壊れても自分で直せる → ハードディスクぐらいならどうにかなるのか?今のMacBOOKProは難しいって出てたのが気になる。嫁さんが言い出しっぺなので金かかる事は気にしないでおこうと思う
・ずっと使ってるから → リセットしてもいいんじゃない

一番の難点は、中身のカスタマイズの自由度が極端に狭くなる事。部品を選んでる時ってすっごく楽しくて、そのおかげで仕事頑張れるんやけどなぁ

どうしてもWindows機が欲しくなったら、また自分で組み立てればいいさと言い聞かせて、Retinaディスプレイ搭載のMacBOOKProに手を出したのであります。

で、メイン機の入れ替えは決めたものの、肝心の「電気代がバレる」ということが解決していない。
しかしながら、無駄に電気を消費するつもりはないので意味のある物にしないといけない。

まずは、残った問題点を書き出してみる

・ファイルサーバーがなくなる
・音楽ファイルや動画ファイル、画像ファイルの管理
・ルーターが不安定

最初はテラステーションやLAN DISKにしようかと考えていた。メーカー製なので信頼性は高いんだろうが、個人ユースで使うには不必要なRAID機能のせいで高いというのが難点。しかも、積めるなら積める積みたい性格なので2TB×4個とか無駄に積んでしまい、実使用時間が短いにもかかわらず
動きっぱなしという今回のノートPC化というスマート観点とは真逆に行き過ぎる。
と考えていたところで、Time Capsuleが目に入りました。

ルーター機能とストレージ機能(正確にはバックアップ領域)を併せ持つ筒状のもので、3TBで3万ぐらい。
NASとして扱うには微妙なようだけど、外付けHDDにバックアップさえきちんととっておけばなんとかなりそう。

しかもこれなら『さりげなく電気代使ってる』という目標も抑えつつ、費用の差分を突っ込まれたらサーバー機を無くしたことでDICE(DDNSを使用するため)が使えなくなったので固定IPに変更しても費用内で抑えられそうという新たなポイントも発見

というわけで我が家にTime Capsuleがやってきました。

先に付属品が届いて、本体はいつやってくるのやら・・・