MacBookProのWi-Fiを使ったインターネット共有ができなくなった場合の対処法

新しいMacBookProを購入し、有線LANで接続しているMacBookProを親のアクセスポイントとしてWi-Fi環境を作ってみ。
といっても、難しい設定ではなく

【共有】→ 【インターネット共有】

の設定をMac側でして、あとはiPhoneのWi-Fi接続で流し込めばOK
本当に簡単に手軽にできるのだが、MacBookが調子が悪かったので再インストールを実施したら同じ構成なのにおかしくなった。

iPhone側でパスワードが間違っているといわれて接続できない

間違ってないはずなのに何度やっても、パスワードを変えて試しても、Wi-Fiポイントの名前を変えても、何度やってもダメ

MacBookを再起動しようが、iPhoneを再起動しようが同じこと

iPhone側でパスワードが間違っているといわれて接続できない

再インストールするまではできてたので、再インストールがうまくいかなかったのかとも考えた。
でもまた再インストールはやりたくない。。。

ちょっとしたことで直ったので同じ症状でお困りの方は試してみてください

解決

MacBookPro側で設定しているWi-Fiオプションの周波数チャンネルを変更すればよかった

デフォルトで設定されているチャンネルの周波数帯は2.4GHz帯。
これは無線LANで最初に普及してきた周波数帯なので多くのWi-Fi機器に使われている上にチャンネルを変えても同じ周波数帯に重なっていることが多く、他のWi-Fi機器と干渉する可能性が高いのです。
また、電子レンジなんかも同じ周波数帯を使っているので家庭で電子レンジを使うとWiFi接続が不安定になることもあります。

今回、再インストールした際にデフォルトのチャンネルが変わったのか、近くで使われているWi-Fi機器にたまたま干渉してしまったのか分かりませんが2.4GHz帯を使ったために不安定になったのだと思われます。

そこで、周波数帯を5GHz帯のチャンネルに変更してみました。
チャンネルを5GHz帯の36以降を選択するだけです。


すると、サクッとWiFiポイントとして認識されてパスワードもサクッと通り無事解決しました。