YouTube Player APIの使い方 – プレイヤーの状態取得篇

YouTube Frame APIの使った動画埋め込みで、プレイヤーの状態を知りたい場合に使用します
これを使うことによって、独自のプレイヤーデザインを作成する場合に、再生ボタンと停止ボタンのデザイン切替ができるようにもなります

プレイヤー内部で判別できる状態は下記になります
・未開始(-1)
・終了(0)
・再生中(1)
・一時停止(2)
・バッファリング中(3)
・頭出し済み(5)

裏側では、
バッファリング中 → 再生中 → 終了
という流れに基本的なっています
実際に再生や一時停止、先送りなどしてみてください
『状態表示』の部分に状態が表示されます

状態表示:

JavaScriptの修正についてですが、状態を取得するために【events】に

を追記し、【onStateChange】のFunctionオブジェクトで

を追加します
※最後の2行は、再生されているビデオに対しての状態をページに表示させるためのものです

【status】にステータスコードが入っているので、コードを元に分岐させれば状態に合わせた処理ができます

JavaScript全体は下記のようになります

プレイヤーの状態が分かればその状況に合わせた動作を設定することが可能になります