[回避策有り]アンチウイルスソフトESET(イーセット)が誤検知中

回避策は下部に載っています

アンチウイルスソフトESET(イーセット)の2016年02月29日18時過ぎに配信されたであろう定義ファイルが誤検知しまくっているようです
定義データベースは 13102 っぽい

【状況】

YahooやAmazonなどが軒並み閲覧できないもしくは警告が表示されている様子
20160229_eset

Yahooで引っかけた警告は
ファイル:yads-async.js
脅威:JS/ScrInject.B トロイの木馬
情報:接続が切断されました

広告関係のJavaScriptファイル(JavaScriptの動作)を検知しているみたい
対応策はアンチウイルスソフトの動作を止めればいいけど完全無防備になるので、修正された定義データベースの配布を待つしかないです
日頃助けてもらってると思えば、たまのエラーぐらいなんちゃないと考えた方がいいのかもしれません
何年か前にあったウイルスバスターのPCの起動すら止めてしまう定義ファイル配布地獄よりはマシです

但し、終業時間に合わせて18時代の配信で不具合だされるのはちょっと・・・
さすが閏年の29日

【回避策】

まずはESETの管理画面を開いて、『設定』から『詳細設定を表示する』を開きます
20160229_eset_002

『アップデート』の項目をクリック
20160229_eset_003

新しい項目が開くので『詳細』をクリックして右側で『ロールバック』を選択します
20160229_eset_004

とりあえずの回避策なのでロールバックする時間は適当に選んで『OK』を押下します
20160229_eset_005

すると『ロールバック』だったボタンが『アップデートを許可する』に変わります
この状態でロールバックは完了です
20160229_eset_006

定義データベースが以前の状態に戻ったかを調べるには
『アップデート』の項目をクリックして右側のバージョンの日付を確認しましょう
アップデートの日付は最新ですが、定義データベースの日付は過去に戻っているはずです
20160229_eset_007

これでYahooもAmazonも使えるようになります