InternetExplorerをIE11から前のバージョンに戻す方法

InternetExplorer11

2016年01月13日にInternetExplorer10までのサポートが終了して今後はInternetExplorerを使うことが推奨となりました

旧バージョンのInternetExplorerを使うと『IE11にしましょう』と表示されるようにもなりました
InternetExplorer11アップデート画面

Microsoftのサポートが終了したということは、今後脆弱性が発見されてもパッチの提供がなくなるということですので、インターネットの閲覧に使用するならばInternetExplorer11にアップデートするべきです

しかし、業務システム用として使用していた場合、システムがIE11に対応していなければ業務システムが使えなくなることになります
それならばアップデートしなければいいだけの話なんですけど、IEを立ち上げると『IE11にしましょう』画面が表示されるのでユーザーが思わずアップデートしてしまったりします。されました・・・
アップデートされたIE11をIE9へ戻す方法です

IE11の無効化

コントロールパネルからプログラムと機能を開きます
プログラムと機能

【Windows機能の有効化または無効化】を開きます
Windows機能の有効化または無効化

下記の画面が表示されるのでしばらく待ちます
Windows機能の有効化または無効化 その2

【InternetExplorer11】という項目にチェックが入った部分がありますので、そのチェックを外します
【InternetExplorer11】という項目にチェックが入った部分がありますので、そのチェックを外します

チェックを外したら『OK』を押下します
チェックを外したら『OK』を押下します

IE11のアンインストール

無効化しただけではIE11は削除されていません。ここで再起動をしても自動で削除はされませんのでアンインストールを実施します
【プログラムのアンインストールまたは変更】画面には表示されませんので【インストールされた更新プログラムを表示】を選択します
インストールされた更新プログラムを表示

開いた直後には『InternetExplorer』に関する表示はでてきません。アドレスバーのインジケーターが右端まで行くまでじっと辛抱します
インストールされた更新プログラムを表示 その2

下のほうにスクロールすると『InternetExplorer11』の文字が見えてきます
インストールされた更新プログラムを表示 その3

『InternetExplorer11』の上で右クリックしてアンインストールを選びます
※『InternetExplorer11 ja-JP日本語パック』というのもありますが、こちらは無視しても大丈夫です。本体だけアンインストールしましょう
InternetExplorer11のアンインストール

もちろん『OK』
InternetExplorer11のアンインストール その2

InternetExplorer11のアンインストール その3

再起動します
InternetExplorer11のアンインストール その4

IE9に戻る

再起動後にInternetExplorerを立ち上げるとIE9のセットアップ画面がでればダウングレードの完了です
InternetExplorer9のセットアップ画面

バージョンの確認は
InternetExplorer9のバージョン確認
InternetExplorer9のバージョン確認 その2