テスト用個人情報をランダムに生成するAPIを作ってみた

任意の距離間にある郵便番号を返すAPIに引き続き、ダミーの個人情報をランダムに生成するサービスもAPI化しました
ダミーの個人情報を作るのは郵便番号よりも利用用途が多いようで『個人情報ランダム生成』はかなりご利用いただけています

CSV形式で30件吐き出すようにしているものの、1回の利用で3~5個のCSVを作成されており実際の用途としては100件ぐらいは必要がある方が多いようです
生成されたCSVファイルは日数を決めてサーバー上から削除するようにしてますが、利用が多くなるに従いファイルの量も増えてきてサーバーのバックアップを取る際にも時間がかかるようになってきました
※バックアップの時に特定のフォルダのCSVは除外するなどコマンドで設定しておけばいいですけど面倒で・・・

API化することによって1度に取得できる件数の上限アップ、サーバー側に残るファイルの減少を図りました

検索方法

下記URLに必須条件のGETパラメータを付与しアクセスすることでJSON形式で情報を返します

https://everyday-growth.com/name/api/?

必須パラメータ

パラメータ名 内容
cnt 取得したい件数になります
最大300件まで

出力項目

Response(レスポンスヘッダー)

処理の内容を表示します

要素 内容
ResponseCode
戻り値 内容
200 正常処理
411 数字以外の文字が入っています
421 件数指定エラー
501 必須パラメーターエラー
901 指定回数制限エラー
60分以内に30回まで
ResponseStatus
戻り値 内容
OK 正常
NG エラー
ResponseDescription
戻り値 備考
正常に処理しました ResponseCode:200
指定された件数に数字以外の文字が入っています ResponseCode:411
取得件数は300件以内で指定してください ResponseCode:421
パラメーターが正しくセットされていません ResponseCode:501
接続制限数を超えています。60分に30回以内の利用をお願いします ResponseCode:901
ResponseCount 該当したデータの件数。エラーの場合は0件

Result(結果)

抽出された結果を表示します

要素 内容
LastName 苗字
LastNameYomi 苗字よみがな
FirstName 名前
FirstNameYomi 名前よみがな
Birthday 生年月日
MyHomePostcode 自宅 郵便番号
MyHomeAdd001 自宅住所 都道府県名
MyHomeAdd002 自宅住所 市区町村名
MyHomeAdd003 自宅住所 町域名
MyHomeAdd004 自宅住所 番地
MyHomeAdd005 自宅住所 様方orビル名
MyHomeAdd001Yomi 自宅住所 都道府県名よみがな
MyHomeAdd002Yomi 自宅住所 市区町村名よみがな
MyHomeAdd003Yomi 自宅住所 町域名よみがな
OfficeName 勤務先名称
OfficePostcode 勤務先 郵便番号
OfficeAdd001 勤務先 都道府県名
OfficeAdd002 勤務先 市区町村名
OfficeAdd003 勤務先 町域名
OfficeAdd004 勤務先 番地
OfficeAdd001Yomi 勤務先 都道府県名よみがな
OfficeAdd002Yomi 勤務先 市区町村名よみがな
OfficeAdd003Yomi 勤務先 町域名よみがな
Department 部署
Position 役職
HighSchool 卒業高等学校名
HighSchoolAdd 卒業高等学校 都道府県名
University 卒業大学名
UniversityUndergraduate 卒業大学学部

使用例

・件数:2

パラメーターをつけて投げ込みます

結果:JSON形式

このように検索条件に対しての結果がJSON形式で返ってきますので、結果を取り込んで処理してみてください

PHPでの処理の例

PHPを使ってJSONデータを取り込み処理する例になります

PHPでJSONデータを処理するのはこんな感じです

注意事項

・個人で作成したAPIサービスですので運用状況によっては突然停止する場合があります
・60分以内に30回以内の利用制限をしています
・個人情報データはランダム生成していますが組み合わせによっては実在する人物・企業名等にあてはまる可能性があります
・電話番号もランダムで生成するのは可能ですが実在する番号と合致する可能性が非常に高いので実施していません