Windows7のWindowsUpdateで『80072F78』エラーがでてアップデートできない件

 

会社でWindows7を導入して遭遇した案件。

基本のセットアップを行い(この時点で新しいOSのインタフェースに対して拒絶反応がでまくりんぐ)
ウイルスソフトもインストールして、さぁウインドウズのアップデートを実施しようと
したところで、『80072F78』というエラーがでアップデートがこけてしまう。

XPの時との違いといえば、アップデートの方法がブラウザベースからコントロールパネルでの実行に変わっている点。
ブラウザでやろうとしても結局はコントロールパネルからの実行になってしまって一向に先に進まないんですけど…

かといって『80072F78』エラーを検索してもパッとした答えも見つからない

そこで【Windows Updeateエラー】でぐぐってみると

『proxycfg』というコマンドを使えばいけるらしい、スペルからみてもプロキシ関係のようだけど
会社ではプロキシを使わないとネットにでれない設定ではないのでプロキシは関係無いけどな…と思ったものの
とりぜず試していくしか解決への道のりはない

 

早速、『proxycfg -u』を実行

‘proxycfg’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と罵られる

 

どうやらWindwsVistaから『proxycfg』が廃止されたらしい。
廃止したのなら『今度はコレ使ってください』とかメッセージ出せばいいのに…
これだから外人さんって

ということで、WindowsVistaとWindows7の場合(たぶんServer2008も)には
『netsh winhttp』というコマンドが用意されました。
VPN経由の遠隔クライアントPC用に使っているプロキシサーバを使用して
アップデートができるかを確認してみます

 

コマンドプロンプトで(ファイルを指定して実行のcmdですると管理者権限で実行できないので直接cmd.exeを管理者として実行するを選ぶ)

netsh winhttp show proxy (WinHTTPのプロキシ設定を確認)
※この時点では何も設定されていないので下記のように表示されるはずです。

現在の WinHTTP プロキシ設定:
直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。

 

WinHTTP プロキシ設定の設定がされていないことを確認したら、
インターネットエクスプローラーの方にプロキシの設定を入れます。

IEのインターネットオプション→接続(上部タブ)→LANの設定(ボタン)→プロキシサーバーに設定

 

そして、コマンドプロンプト(Dos窓)で下記を実行

netsh winhttp import proxy source=ie (InternetExplorerのプロキシ設定をWinHTTPのプロキシ設定に流し込みます)

netsh winhttp show proxy で確認して、プロキシ設定が同じになっていれば設定完了です。

 

もしも、設定を消去したいときは、IEのプロキシ設定を消しただけでは消去されませんので
netsh winhttp reset proxy
を実行してください。

 

そもそも、会社内ではプロキシサーバー経由でなくてもネットにでれるんですけど…プロキシが必要なのはVPN経由で入ってきてる遠隔地にあるクライアントPCとかデフォルトゲートウェイをわざと作ってないセグメントだけなんですけど…

 

富士ゼロックスのbeatというFWに使用しているネットワーク機器と関係有るのかなぁ

ログには何も表示されてないんだけどなぁ

コンタクトセンターに聞いてみよう